(円卓)枠組み・仕組み・中身

福岡教育大学教授 石丸 哲史





「学びに向かう力・人間性等」の涵養(かんよう)、「知識・技能」の習得、「思考力・判断力・表現力等」の育成がこれからの教育の枠組みであるならば、これを実現する仕組みが必要であり、この追究が授業づくりにつながる。

ただし、授業づくりにおいては中身、すなわち学習内容も重要である。教材開発など中身に至るまでに息切れすることがよくある。逆に中身に傾注するがあまり、この実践がどのような仕組みに基づき、本来の枠組みにどう収まるものなのか、なおざりにすることもある。そういう意味では、枠組み・仕組み・中身の往還が不可欠といえる。

これをESD(持続可能な開発のための教育)に当てはめてみよう。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。