(円卓)台風15号の教訓

 敬愛大学国際学部教授・教職センター長 向山 行雄


 千葉市にある敬愛大学。房総半島全域から学生が通う。9月9日に上陸した台風15号は、停電と断水、家屋の損壊、農業施設破損など千葉県に甚大な被害をもたらした。

 倒木による電柱の破損、その陰には放置された森林の劣化がある。荒れた森林の木々はもろい。強風は里山を脅かす。水を吸わぬ土壌は、土石を抱えきれず麓へ押し出す。

 「蛇落地悪谷(じゃらくじあしだに)」と古来呼ばれてきた北広島のニュータウン。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。