(円卓)教員研修の改善のために

帝京科学大学教育人間科学部教授 釼持 勉





教員採用試験の倍率低下と教師の資質の低下が盛んに議論されている。その中にあって、教師の働き方改革が待ったなしで進められている。勤務時間の制限やさまざまな時間管理が議論を呼んでいるようだ。

一方、現職の研修は、新たな教育課題が増えるのに伴い、増加傾向にある。各校は校内研究会、研修会を一定の時期と時間で実施しなければならない。

ここでは、現職研修の一例として、和歌山県教育センター学びの丘で行われているeラーニングと、ある中学校の取り組みを紹介したい。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。