とねりこ通り三丁目 ねこのこふじさん

こふじさんがトランクをひきずってやってきたのは、とねりこ通りの坂の上にある西洋館。家賃の代わりに、その月らしい行事をして毎月手紙で知らせるよう言い残して、おばあちゃんは一年間の世界旅行にでかけてしまった。

動物づきあいに疲れ、一ぴきぐらしを満喫しようとしていたこふじさんだけれど、戸だなで暮らすねずみのネズモリさんをはじめ、この町には風変わりな住人たちがいて――。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。