第9回ESD大賞受賞校の実践 ユネスコスクール最優秀賞 宮城県多賀城高等学校

ESDの視点から防災・減災学習を 被災地から未来型教育モデルを発信


1. はじめに

2011年3月11日に発生した東日本大震災。多賀城市では、死者188人および関連死が30人を数えた。

大震災を受け、宮城県では同年10月に宮城県震災復興計画を策定、防災教育の充実を復興の重点とした。教育委員会では、「みやぎ学校安全教育基本指針」を策定し、14年2月に、大震災から学んだ教訓を確実に次世代に伝承するとともに、将来国内外で発生する災害から多くの命と暮らしを守ることができる人材を育成するために「防災系学科設置基本構想」を示した。

多賀城高等学校は、この基本構想に基づき「災害科学科」(1クラス・40人)を16年度に開設し、普通科(6クラス・240人)と合わせて防災・減災に関わる学習を推進している。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。