(円卓)忘れてはいけない

清泉女子大学教職アドバイザー 榊原 博子





現在、私は発達障害のある生徒の特別支援教育に関わっている。だからというわけでもないが、書店で目に止まった、『ケーキの切れない非行少年たち』(新潮社)を手にして読み始めた。

著者の宮口幸治氏は児童精神科医として精神科病院や医療少年院に勤務し、臨床心理士でもある。多くの非行少年たちと接する中で「反省以前の子ども」がたくさんいるという事実に気付く。少年院には、認知力が弱く「ケーキを等分に切る」ことすらできない非行少年が大勢いた。

彼らの認知機能の弱さ、対人スキルの乏しさ、身体的不器用さなどが原因となって、何をやってもうまくいかず問題を起こしてしまう、という事実があったのである。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。