(鉄筆)昨年、たわわに実をつけた……

昨年、たわわに実をつけた鉢植えのミヤマカイドウだが、今年は実も少なく弱々しい。大切に育てたつもりだったが、日当たりを好み寒さに強い植物と聞いていたので、冬場も外に出しておいたのがかえって徒(あだ)になってしまったのかもしれない。

植木に限らず、よかれと思ってやったことが、逆の結果を生むことはしばしばある。以前、ある新聞のコラムで、岩波書店創立者岩波茂雄が、「教育は人を賊(そこな)ふ」ことがあるからと女学校の教師を辞めて古本屋になったというエピソードを江藤淳氏が紹介していたのを読んだことがある。

確かに教育は、子供をよき人に育てる営みではあるが、親や教師が思うほどに子供たちは育ってくれないことも事実である。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。