(円卓)学校が地域に開く活動とは

日本教育情報化振興会会長 赤堀 侃司





孫の運動会に行った。どこにでもある平凡な光景であるが、小学生が玉入れをしたり、太鼓をたたいたり、騎馬戦をしたり、ゴールに向かって走っている光景は、どこか郷愁を呼ぶ。それは、遠く過ぎ去った自分たちの姿を思い出すからかもしれない。

保護者の席は、運動場を囲むように指定されているが、自分の子供の出番になると、アナウンスがあって、親たちは最前列に移動して、懸命に声援を送り、カメラを向ける。勝っても負けても、これ以上はないようなうれしそうな表情をする。

先に書いたように、どこでも見られる光景である。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。