(鉄筆)平成30年度児童生徒の問題行動……

「平成30年度児童生徒の問題行動・不登校生徒指導上の諸課題に関する調査結果について」が公表された。暴力行為の発生件数、いじめの認知件数ともに前年度より増えている。児童生徒の暴力行為やいじめへの対応として国は法制度を整えるなど手だてを講じ、教育委員会や学校はそれにのっとった対策をとっているが、生徒指導上の問題は一向に減らない。調査結果の分析・研究は今後行われるのだろうが、どの項目の数値も上昇している実態を深刻に受け止めたい。

児童生徒の問題行動への対応は第一義的には学校現場において行われる。調査結果からも教育委員会や各学校における問題行動への対応策や体制はかなり整っているようであるが、成果を上げることはできない。

特にいじめはクラスの中で起こっている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。