(円卓)「いじめ防止対策推進法」に学ぶ

NPO法人ジェントルハートプロジェクト理事 小森 美登里





神戸市立東須磨小の教員間いじめ事件が発覚して以降、いじめ問題に対する見方は大きく変わったのではないでしょうか。いじめは子供だけの問題ではなく、全ての大人がいじめ、人権について学ばなければならないと認識する機会となったはずです。いじめ問題を学び、予防へとつなげなければならない訳ですが、日々忙殺されている現場の先生にとって、簡単ではないでしょう。

同時に、多忙を理由に子供の心と命に関わる問題を二の次にしてよいはずもありません。各学校に設置されているいじめ対策に関する委員会を機能させ法律を学び、それを子供たちと共に実践し、解決を目指すことはできないでしょうか。

大人が学びそれを子供たちに伝える、という今までの上下の関係ではなく、法律を通して子供と共に人権を守るための学びの時間を持つことが大変重要であると考えています。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。