(鉄筆)文化庁が毎年実施している……

 文化庁が毎年実施している「国語に関する世論調査」の結果が発表された。今年は用語などの表記と読書についての項目が中心であった。読書に関しては、過去の結果と比べ本を読まないという人がやや増え、読書量を増やしたいと思う人が減っている。

 若者を中心とした読書離れは以前より指摘されており、スマホなどの普及により加速している。今年の2月に全国大学生活協同組合連合会が実施した調査でも学生の1日の読書時間の平均が30.0分、1日の読書時間「0分」の割合が48.0%とその危機的状況を伝えている。

 新学習指導要領では言語能力の育成を図るため国語を要に各教科で言語活動の充実をうたっている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。