100年先を見通して 未来を築く「学び続ける力」を

市ぐるみでESDを推進―広島県福山市

「100万本のばらのまち 福山」は、広島県の南東部に位置する、人口およそ47万人の中核市です。小学校76校、中学校33校、義務教育学校1校、中高一貫校1校の市立学校に、およそ3万6000人の児童生徒が在籍しています。

本市教育委員会が取り組む「福山100NEN教育」は今年度、4年目を迎えています。市政施行100周年となる2016年1月、次の100年に向け、これからの変化の激しい先行き不透明な社会で必要な資質・能力を「21世紀型“スキル&倫理観”」(以下“スキル&倫理観”)として育み、日常のさまざまな場面で行動化できる確かな学びにしていくことを「福山100NEN教育」として宣言しました。

この年の4月から、各中学校区・学校は、義務教育9年間で子供たちが身に付けるべき“スキル&倫理観”を全教職員で熟考し協議していきました。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。