(円卓)人のために行動できるように

国立特別支援教育総合研究所理事長 宍戸 和成

「そのごみ、拾って捨ててくれるといいんだけどなあ」

私が勤めていた聾(ろう)学校では、言葉の指導が課題だった。このことは、今でも、変わらないと思う。聞こえにくいことから生じる言語習得の難しさである。

ある年の研究会を控えていた時のことである。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。