(円卓)創造的な学校マネジメント

北海道教育大学副学長 玉井 康之

読み応えある学校マネジメント書の一つとして、文部科学省総合教育政策局の浅田和伸局長が書かれた『教育は現場が命だ』(悠光堂、2019年)を読んだ。

浅田氏はキャリア官僚でありながら中学校長となり、学校現場の実態を踏まえて、政策と実践をつなぐ創造的な学校マネジメントの方策を考えている。本書は実にリアルな人間関係づくりや試行錯誤の実践も書かれているので、創造的な学校マネジメントの神髄と理想型を捉えることができる。

日本の教育も大きな流れとして新しい発想と実践も取り入れなければならない。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。