(円卓)斎藤喜博の授業を追って

目白大学人間学部児童教育学科教授 中山 博夫

東京、愛知、三重、京都、岡山には、斎藤喜博の授業の流れをくむ課題追求方式授業の研究サークルがある。それらのサークルでは、国語を中心とした課題追求方式の授業研究の活動をしている。子供の「無限の可能性」を追い求めた斎藤喜博の授業を、現代によみがえらそうと頑張っている教師たちがいるのである。

斎藤喜博は、1930(昭和5)年に群馬県佐波郡玉村尋常小学校の教師となった。同郡境小学校長として退職するまでの39年の間、教育実践者として、指導者として、授業の創造に関する多大な業績を残した。特に、1952(昭和27)年から63(昭和38)年までの11年間、島村立島小学校の校長として推し進めた教育実践は有名である。

斎藤は、「無限の可能性」を子供の中から引き出すことに教育の本質があると主張した。そして、子供の能力を固定的に捉えるのではなく、教育の力によって発展させることができると考えたのである。そのための方法論が、課題追求方式の授業であった。

課題追求方式の授業を力強く進めてきた長野県の戸田敦子は、4月の最初に学級の子供たちに、課題追求方式による学習のための構えをつくる重要性を主張した。教育学者の横須賀薫は、子供はこの教師は教え込む教師か、課題を追求させる教師かをすぐ見抜くと述べている。教師の姿勢と指導によって、子供たちの姿は全く変わってしまうのである。

課題追求方式の授業研究会の教師たちは、斎藤の著作からも学んでいるが、ヴィゴツキー心理学からも精力的に学んでいる。ヴィゴツキー(1896~1934)の発達の最近接領域の理論は、発達に対する教育の優位性を主張するものである。教育の力によって、子供たちの可能性を引き出すことができるというものが、ヴィゴツキーの理論なのである。そして、課題追求方式の授業研究を進める教師たちは、子供の可能性を最大限に引き出す授業を求めて、日々授業研究に挑んでいる。

その理論的支柱になっているのが、斎藤喜博の身近で学び、生涯を通じて課題追求方式授業の研究にまい進してきた、私の恩師の一人である宮坂義彦(元岡山大学教授、元三重大学教授)である。私も恩師の後を追っていきたい。

関連記事