ハートウッドホテル3 ねずみのモナとはじめてのジェラシー

ケイリー・ジョージ 作
久保陽子 訳/高橋和枝 絵
童心社
1300円+税

ずっと一人ぼっちで生きてきたねずみのモナは、動物たちの五つ星ホテル「ハートウッドホテル」でメイドとして働くことに。今ではホテルが大切なわが家となっている。本書はシリーズの第3弾。

リスのメイドのティリーという親友もでき、個性豊かな他のメンバーとも楽しく働き、暮らしていたモナ。

しかし、このところモナの心はモヤモヤ。なぜなら、親友ティリーの弟・ヘンリーが現れ、親友も自分のホテルでの役割も奪われてしまいそうだから。初めて経験するジェラシーに、モナはどう葛藤し、前に進んでいくのか。

さらに、ホテルでは春のフェスティバルが行われるが、それがきっかけで恐ろしい天敵にホテルの場所を知られてしまう。モナはホテルを救おうと奔走するが――。手に汗握る展開からも目が離せない。