ゆきのけっしょう

雪の結晶は、空から降ってくる不思議な氷。その形は一つ一つちがいます。

武田康男 監修・写真
小杉みのり 構成・文
岩崎書店
1300円+税

でも、赤ちゃんのときはみんな同じ形。初めはみんな、六角形なのです。

赤ちゃんが生まれて、大きくなって、形を変えて、空から落ちてくる。一つとして同じ形がない、不思議できれいな自然からの贈り物。

結晶がどのようにして美しい形になっていくのか、結晶にはどのような模様があるのか――。結晶の美しさと不思議さが、きれいな写真と易しい文章で説明されており、図鑑としても楽しめる。

高校教諭から南極観測越冬隊員になり、現在は「空の探検家」として知られる武田康男氏が贈る、冬の美しさをとじ込めたような珠玉の写真絵本。身近な自然の造形美と出会う旅に出掛けてみたくなる。