学校徴収金は絶対に減らせます。

日本では公立小中学校に子供を通わせる際、保護者が授業料を負担することはない。だが、実際はさまざまな名目で、学校の教育活動費を各家庭から徴収している。

教材費や給食費、部活動費、学級費など、1年間に保護者が負担する学校徴収金の平均額は、1人当たり小学校で10万4484円、中学校で17万7370円にも上る。しかも、費用の総額やどこまでを保護者負担とするかは、学校によって異なっている。

子供の貧困問題がクローズアップされる中、家庭の負担は少しでも減らしていく必要がある。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。