年頭の所感 多様性のある教育の実現に向け施策を推進

文部科学大臣 萩生田 光一


はじめに
2020年の新春を迎え、謹んでおよろこびを申し上げます。

昨年9月の就任以来、私は教育再生、科学技術・学術、スポーツ、文化芸術の振興に全力で取り組んでまいりました。

安倍内閣においては、人生100年時代や「Society5.0」の到来を見据えた経済社会を大胆に構想する中で、「一億総活躍」の旗をさらに高く掲げ、日本を誰にとってもチャンスがあふれる国へと変えていくため、内閣一丸となって「人づくり革命」を断行し、「生産性革命」を実現することを最大の使命としています。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。