(鉄筆)学習指導要領の改訂…

学習指導要領の改訂、指導要録の改善と相まって高大接続に関する見直しも行われ、センター試験に代わる大学入学共通テストを中心とした大学入試改革が進められている。改革の肝とも言える、国語と数学の記述式問題採用や、民間の英語検定試験の導入制度は見直しまたは延期ということになった。

大学入試制度の改革は高校教育、中でも各教科・科目の授業の在り方に大きく影響する。特に普通科高校ではセンター試験対応のため知識の伝達を主とする授業が行われ、学習評価もペーパーテストによる得点が中心となり観点別学習状況評価も軽視されてきた。

こうした状況は高校入試に向けた中学校の授業や学習評価にも影響する。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。