(鉄筆)令和になって初の新年を迎えた。……

令和になって初の新年を迎えた。年号「令和」は、万葉集巻第五の「梅花の歌三十二首」の「序」にある「天平二年正月十三日に帥老(そちろう)の宅に萃(あつ)まりて宴会(うたげ)を申(の)ぶ。時に、初春の令月にして、気俶(よ)く風和(やわら)ぐ」から採ったものだが、昨年の「新語・流行語大賞」にノミネートされたり、「令」が昨年の漢字になったりするなど評判がよく、多くの国民に親しまれているようで喜ばしい。

この序の後半に宴会の様子を述べた一節がある。「天を屋根に、地を座席にして、膝をつき合わせて盃(さかずき)を回し、言葉を忘れるほど楽しくなごやかで、外の大気に心をひらく」とある。

太宰府に勤める人たちが長官の大伴旅人邸に集まり、梅を愛で、酒を酌み交わしながら、和やかに時を過ごす楽しい光景が目に浮かぶ。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。