(鉄筆)2020年の教育界は……

2020年の教育界はどのような展開を見せるのであろうか。4月からは小学校で新教育課程が始まるが、一方で教員の働き方改革の必要性が叫ばれ、管理職はマネジメント能力が問われる年となりそうだ。

働き方改革で教員の業務負担を増やす要因の一つとしてやり玉に挙がったのは、教育委員会などが行う諸調査である。従来行ってきた調査をどれぐらい精選できるのか、こちらも注目される。ただ、それとは別に許されないのが調査結果の操作などの不正行為である。

学校に降りてくる調査には、学校基本調査や教育課程の実施状況に関する調査など必要不可欠のもののほか、学力調査、体力調査、いじめ・不登校の問題行動調査など、その結果によって管理職のマネジメント能力が問われる調査もある。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。