(円卓)学習をSDGsで捉え直す

奈良教育大学准教授 中澤 静男

4月から、小学校で新学習指導要領が全面実施される。学習指導要領として初めて前文が付され、「持続可能な社会の創り手」の育成が明記されたことより、これまではユネスコスクールなどで取り組まれてきたESDの理念を生かした学習が、全国の小学校で展開されると想定される。

この動きは、世界中で推進されているSDGs(持続可能な開発目標)の達成に寄与するものと評価できる。

新学習指導要領では、各教科の目標を「知識・技能」「思考力・判断力・表現力等」「学びに向かう力、人間性等」の3つに整理している。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。