パワポ LGBTQをはじめとするセクシュアルマイノリティ授業

少なくとも教室に1~2人は、セクシュアルマイノリティーの当事者が在籍する。本書が示す統計上の推定データだ。

にもかかわらず「同性愛や性同一性障害の児童生徒はうちの学校にはいない」「当事者への対応経験はこれまでにない」と多くの教員が話していると、監著者は指摘する。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。