低学年から始める英語短時間学習―すぐに使える活動アイディアと単元展開

 2020年に小学3年生から英語学習が始まり、5年生から英語が正式教科になるが、小学校で英語を教わった経験のある小学校教員は少ない。依然として指導方法に頭を悩ませる小学校関係者は多いが、こうした悩みの解消に役立つのが本書だ。

 小学生を低学年、中学年、高学年に分け、各学年に適した活動例が記されている。例えば、低学年であれば「色であそぼう」「身体であそぼう」など五感を重視し、中学年は「今、何時? 天気は?」「おなかすいてる?」といった簡単な日常会話。高学年になると「単語の最初の音を聞き分けよう」「お話を読もう」と中学生顔負けの内容である。

 各活動例は、活動内容や留意点など充実しており、導入の際に教員だけでなく生徒が感じるであろう不明点に対する配慮が行き届いている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。