(鉄筆)本紙1月1日および9日号に……

 本紙1月1日および9日号に文科省の大臣、政務官、審議官、官房長、局長など60人を超える教育界の各機関や関係団体のトップによる「年頭所感」が例年のごとく紹介されていた。

 年頭所感とは、1年の始めに当たって抱いた感想をいう。教育界においては改革が激しく進行する中、令和最初の新年の教育への思いや願い、希望、課題、決意などを表明するものであろう。

 文科大臣は国の教育政策・施策の方向性や主な取り組みを「復興の加速化」「教育再生」「スポーツ・文化」の視点から示していた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。