(円卓)外国に連なる子供たち

神奈川県ユネスコスクール連絡協議会事務局長 望月 浩明

昨年9月、国内で小中学校に就学すべき年齢の外国に連なる子供たちおよそ12万人のうち、約2万人が学校へ行っていない状況にあるという調査結果が文科省から発表された。

高校の場合も入試があるため、外国籍生徒等特別枠がある学校以外に入ることは難しい。最近では定時制の高校などにも入学する生徒が増えているが、日本語での授業についていけず、中途退学する生徒も少なくない。

彼らの就学を促し教育を進める上で不可欠なのが日本語教育である。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。