(円卓)大川小津波訴訟最高裁判決に思う

愛大学国際学部教授・教職センター長 向山 行雄

宮城県石巻市立大川小の津波事故は、私が全国連合小学校長会長時代に発生した。74人の児童と10人の教職員の死者行方不明者、その遺族へ、心より哀悼の意を表する。事故当時の校長会長として重い十字架を背負って生きている。このような重篤な事故を二度と繰り返してはならない。事故直後に大川小で献花と焼香をした。

昨年10月10日、大川小学校大津波訴訟最高裁判決。仙台高裁判決を支持し、学校設置者や学校の震災前の対策、体制の不備を指摘した。

全163ページの判決文書の53ページに「本件ハザードマップについては、これが児童生徒の安全に直接かかわるものであるから、独自の立場からその信頼性等について検討することが要請されていた」とある。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。