教職概論「包容的で質の高い教育」のために

4月から全面実施される新学習指導要領では、学校教育の在り方を示す前文で、一人一人の生徒が「持続可能な社会の創り手となる」ことを求め、それを具体化する内容を教育課程に含めるよう明記した。国連が掲げる「持続可能な開発目標」(SDGs)の概念を教育課程に本格導入する考えを示したもので、新学習指導要領の特徴ともなっている。

では、持続可能な社会とは何を意味するのか、それを具体化する教育課程がどのようなもので、教員の役割は何なのか。学校現場の教員たちがぶつかるであろう多くの疑問に対し、実践的な答えを示そうと編まれたのが本書だ。

SDGsの概念は、2015年に国連が示した「我々の世界を変革する・持続可能な開発のための2030アジェンダ」に由来する。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。