(鉄筆)令和になって初めての……

令和になって初めての大相撲1月場所で、徳勝龍が幕の内優勝を果たした。場所終盤に入り話題になり始めたとき「誰、それ」と思った。正直なところ知らない名であり顔も浮かばなかった。

14日目にテレビで初めてはっきりと顔を見た。それもそのはずで、これまで十両と幕内を行ったり来たり、今場所は5度目の再入幕。これまでの最高位が西前頭4枚目。話題に上らない力士だった。

近畿大学の相撲部出身で角界に入り初土俵から11年目、33歳の遅咲きである。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。