(円卓)教材研究の時間の生み出し方

東洋大学教授 下田 好行


 今、働き方改革が叫ばれている。昨年3月18日の通知「学校における働き方改革に関する取組の徹底について」では、学校の14の業務を「基本的には学校以外が担うべき業務」「学校の業務だが、必ずしも教師が担う必要のない業務」「教師の業務だが、負担軽減が可能な業務」に仕分けしている。

 先日、文科省の研究指定を受けている新潟県上越市立大手町小学校に調査に行った。この学校は教科横断的なカリキュラム編成、カリキュラム・マネジメント、探究的な総合学習の研究で著名である。

 新学習指導要領では「主体的・対話的で深い学び」とカリキュラム・マネジメントが強調された。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。