(鉄筆)児童虐待の報道が……

 児童虐待の報道が後を絶たない。慈しみ育まれるべき子供たちが親から虐待を受け、時には命まで落とすというこの社会は、やはり病んでいるとしか言いようがない。

 明治9年に来日し、東京大学初代動物学教授で、大森貝塚発見で著名なE・モースの『日本その日その日』(平凡社)には、次のような記述がある。

 「婦人が五人いれば四人まで(中略)必ず赤坊を背負っている」「赤坊が泣き叫ぶのを聞くことは、めったになく」、母親が「赤坊に対してかんしゃくを起こしているのを一度も見ていない」。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。