(円卓)ワンチームとなった研究で

玉川大学名誉教授・特任教授 佐藤 久美子


2020年4月から、いよいよ新学習指導要領にのっとった英語の授業が小学校で始まる。3、4年生は必修化、5、6年生は教科になる。しかし、依然として担任の中には、英語の苦手意識や授業経験のなさを理由に、英語の授業を避けたい気持ちがある。

そこで、何とか担任が1人でも英語の授業をできるようにと校長が考え、英語の研修を導入する小学校が増えている。

現在行われている研修は、最初に外部講師による講演、次に1年生から6年生までの担任による毎月1回の研究授業+全教員による協議会と外部講師による講評・講義が計6回、そして1年間の検証授業から得られた研究成果を発表する「外国語研究発表会」の、計8回が一般的である。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。