(円卓)大津高裁判決を考える

神田外語大学客員教授 嶋﨑 政男





2月27日、大津市いじめ自殺の高裁判決が下された。

大阪高裁は地裁に続き、元同級生のいじめが自殺の原因だったとして二人に賠償を命じたが、その額は3750万円から400万円に大幅に減額された。

既に市から見舞金2800万円と和解金1300万円が支払われていることに加え、両親が別居していたことや男子生徒が無断外泊した際に父親が顔をたたくなどしていたことを踏まえ、両親側にも家庭環境を整えられずに男子生徒を支えられなかった過失があるとして、減額の判断がなされたのである。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。