(円卓)災いを転じて福となす

横浜市立日枝小学校校長 住田 昌治



私たちが生きている間に一度起こるかどうかと思っていたようなことが、この10年間で何度も起こっているような気がします。大きな地震、台風、豪雨、熱波、森林火災、紛争……そして感染症。

とにかく予測困難な、何が正しいのか分からない不安な状況の中で、短時間で情報を収集、判断し、行動することが求められます。ある意味では、これからの社会を実体験する場でもあります。と言うよりも、予測困難で正解のない社会の中で生きているということを自覚した方がいいのかもしれません。

新型コロナウイルス感染症対策において、流行を早期に終息させるために極めて重要な時期であることから、子供の健康・安全を第一に考え、多くの学校で臨時休校としています。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。