(円卓)多様性に応じた教育を

総合初等教育研究所・室長 梶井 貢

現在の日本では多様性が大きな課題となっている。ジェンダー、LGBTの問題などが社会的に論議され、具体的な対応が講じられている。また、海外からの来訪者が急増し、外国人労働者も増加する中で、異文化を尊重し合い、共生することの難しさにも直面している。

この多様性については、学校現場でも具体的な対応が迫られている。

現在、学校では発達障害など特別支援を要する児童生徒が急増している。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。