あなたの社会科授業は間違っていませんか

「残念なことですが、学校現場で社会科の授業研究が進んでいない実態が見られます」。公立小学校教諭、指導主事、岐阜大学教授などを経て学校教育アドバイザーとして活躍する著者は、こう指摘する。

社会科は「将来のよりよい社会の形成者を育てる中核としての教科」であり、そこで育むものは社会に参画するための資質・能力だと、この教科が持つ役割の大きさを改めて訴え掛ける。

本書は2部構成。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。