教育の未来をつくるスクールリーダーへ

今、学校の主体性が求められている。国レベルの教育改革が続く中、主体的な経営に取り組む学校と、肥大する業務に疲弊する学校との「学校間格差」は広がるばかりだ。

本書は教育管理職のための月刊研修誌『教職研修』2017~19年に掲載された巻頭インタビューを抜粋。読者が「では、自校でどうするか」「自分はこれから何をするか」を考えるきっかけになるよう内容を整理し書籍化した。

第1章「教育の未来、キーワードは『多様性』」では、ノンフィクション作家のブレイディみかこ氏らが、現在の学校現場の大きな課題である「多様性」について客観的視点から語る。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。