(円卓)社会の変化と自己実現+持続可能性

東京都多摩市立連光寺小学校長 棚橋 乾


 新型コロナウイルス感染症の終息が見えません。社会や経済が混乱して、まるで持続不可能な社会の様相です。対策の一つとして全国の学校が休校となり、そのまま春休みとなりました。子供たちの笑顔や歓声のない学校は閑散としています。

 安全な日々が戻り、早く学校が再開できることを児童生徒、保護者や学校関係者は待ち望んでいます。友達がいたり、勉強したり、活動したり、自己の将来や社会の未来に目を向けることのできる学校は、楽しいところなのです。

 今後、混乱やリスクは増えると言われています。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。