SDGsを総合で探究 3年間で「主体的な学び」深める

高等学校賞(ESD大賞) 広島県立安古市高等学校

はじめに
同校は、広島市安佐南区にある全日制普通科高校である。世界遺産「原爆ドーム」から北へ10キロのところにある毘沙門台と呼ばれる高台に立地し、生徒は1000人(24クラス)を超える。ユネスコクールに登録されて6年目を迎えている。
具体的な実践内容
(1)取り組みの経過
同校では、10年前から総合的な学習の時間において「持続可能な社会の実現をめざして」という統一テーマで講演会やディスカッションを実施していた。ユネスコスクール加盟を機にユネスコ憲章の理念をさらに敷衍(ふえん)する活動に取り組むようになった。

具体的には、2015年に文科省の同年度の「日本/ユネスコパートナーシップ事業」の一環としてACCU(ユネスコ・アジア文化センター)がコーディネートした「ESD Foodプロジェクト」に参画した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。