ユネスコスクール大会の成果まとめる 日本持続発展教育推進フォーラム

SDGs、ESDの課題に言及

第11回大会の成果をまとめる――。NPO法人日本持続発展教育推進フォーラム(木曽功理事長)はこのほど、昨年11月に開催した第11回ユネスコスクール全国大会・持続可能な開発のための教育(ESD)研究大会の報告書を刊行した。併せて「第10回ESD大賞受賞校実践集」を刊行し、全国のユネスコスクールおよび第11回大会参加者らに配布した。
講演、パネルの詳細を収載
第11回大会(主催=文科省、日本ユネスコ国内委員会、共催=日本持続発展教育推進フォーラムほか)は昨年11月30日、広島県福山市の福山市立大学で開催され、全国から教員ら約800人が参加した。

大会テーマは、「ユネスコスクールで学ぶもの、育てるもの―学習指導要領、学校経営、地域社会、国際社会などとの関わりを改めて考える」。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。