親方と神様

鍛冶職人一筋の老人がある日、仕事場を離れ、12歳の少年と山に登っているところから物語は始まる。少年が「鍛冶屋になりたい」とやって来たのは数カ月前。以来老職人の元に通い続け、鍛冶について学び、次第に2人は心を通わせていく。

ところが少年の母親から「少年が中学校に進学せず鍛冶職人として修行をしたいと言い出したので断ってほしい」と頼まれる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。