(円卓)学校、地域を元気にするスポーツ

新型コロナウイルスの感染拡大により、東京オリンピック・パラリンピックの開催延期、学校の休校延長など、今後どのようになっていくのか心配です。3密を避ける意識を持ち、行動することが求められます。

私たちの協会は、東京オリパラ開催に向けて、ボッチャの普及啓発に取り組んできました。大会を企画運営する中で、チームのエントリーは、障害のある人を1人以上含む3人を条件にしてきました。第1回大会参加チームのほとんどは、県内の肢体不自由学校の卒業生や子供たちと保護者や担任との組み合わせチームでした。

子供の付き添いできて、初めてボッチャを経験したお父さんが大会終了後に「重い障害のあるわが子と一緒、しかも他の人たちとも同じ場所で一緒に楽しめるスポーツがあったのを知らなかった」「このような大会を絶やさないようにしてください」という感想をいただいてから毎年大会を実施、今年で5年目を迎えます。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。