グレタのねがい 地球をまもり 未来に生きる

昨年に続き今年もノーベル平和賞候補に推薦されたスウェーデンの環境活動家、グレタ・トゥーンベリさん。2018年から毎週金曜日に学校を休み、スウェーデンの国会議事堂の前で気候変動と地球温暖化対策を訴えるストライキを続け、その活動は今や世界中の注目を集めている。世界のトップリーダーの前でも毅然(きぜん)とスピーチし、「一刻を争う危機的状況に置かれているかのように、迅速に行動してほしい」と力を込める。

地球温暖化は非常に複雑な問題で世界共通の大きな決断と判断が必要だ。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。