人生が変わる!先生のための仕事革命ワークブック

「学校における働き方改革」が打ち出され、適正な勤務時間の設定が進められる中でも、目の前の仕事に追われていつも疲れている、プライベートの時間を取りづらいという教師の声も少なくない。

残業続きで過労死寸前だったという元教師の著者。「ワーク・ライフバランス」の考え方を知ったのをきっかけに徹底して無駄を省き、仕事以外の時間を充実させたところ、結果として仕事もうまく回るようになった。第1章ではその実体験を伝える。

第2章では、「時間」対「効果」のマトリックスを使って読者自身が日々の業務の洗い出し、見直しを行うよう誘導する。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。