エンカウンターでいじめ対応が変わる

いじめ問題に教師はどのように向き合えばよいのか。学校現場でのいじめの予防や対応について、構成的グループエンカウンター(SGE)という教育方法の導入が注目されている。

SGEは、心の成長を支援する課題を通して本音を表現し合い、それを互いに認め合う人間関係を培おうとするものである。根底には、「いじめは防衛機制(心身の安全を図る反応)の一つであるので、防衛機制を働かさなくても安心して生きられる状況をつくれば、いじめは生じにくい」という考え方がある。

SGEを取り入れ、生徒児童一人一人が安心でき、自己発言できる学級づくりこそが、いじめ予防や解決の鍵だと説く。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。