多様なニーズによりそう学校図書館

著者らは特別支援学校における学校図書館の存在が軽視されている現状を危惧している。2016年4月に施行された「障害者差別解消法」により、学校は障害者やその保護者からの意思の表明に基づき、場面や状況に応じた変更や調整を、学校の体制や費用などの負担が掛かりすぎない範囲で行う「合理的配慮」の提供が各校に義務化されたことを受け、改めて学校図書館の必要性を訴える。

目が見えない、耳が聞こえない、資料を持てないなど、さまざまな障害のある子供のニーズをくみ取り、障害の有無に関係なく誰もが利用しやすい「ユニバーサルデザイン」的な設備整備を提言。「対面朗読」や「出張貸出」といった多様な取り組みを求める。

実際に合理的配慮を提供している鳥取大学附属特別支援学校を事例として紹介。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。