(鉄筆)新型コロナウイルス感染症の……

新型コロナウイルス感染症のまん延が不安や恐怖を招き、臆測や疑心暗鬼、偏見や差別を生み出している。ウイルスやそれへの対応についての正しい知識・理解、思考が欠如しているからだろう。一方的なニュースや考え方にすがり、全体の姿や向かうべき方向が見えない、判断できていない。

どうするか。学校で重視している「見方・考え方」を発揮してほしい。今回の新型コロナウイルス感染症でいえば、言葉、社会的(地理的、歴史的、公民的)、数学的、理科的などの見方・考え方で事実を捉えるということである。

言葉による見方・考え方により「オーバーシュート」「正しく恐れ 冷静に行動する」などいろいろなキーワードの意味や働きを探り自分の考えを深める。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。