(円卓)骨皮筋右衛門

東京都多摩市立多摩中学校長 千葉 正法

緊急事態宣言が発せられてからの学校の様子は、さまざまな報道などで周知の通りです。先の見通しが立たない中で、世界中の学校で不安が続いています。しかし、当面は5月上旬からの学校再開を目指して、本校も準備に余念がありません。

本校では、仮に中学校の1015時間に対してマイナス10%になるかもしれないという授業時数で、各教科領域等の指導計画を練り始めました。各単元などの時間数減を念頭にいかに効率よく教えなければならないかが見通せました。

授業で最も時間的なロスとなる板書やノートに記録する時間を省くべく、プレゼンテーションソフトなどを活用した教材の提示や板書などの作成に各教員が動き始めました。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。