手塚治虫からの伝言 人間というもの

テレビアニメ「鉄腕アトム」をはじめ、「火の鳥」「ブラック・ジャック」「ブッダ」などの人気漫画を輩出した手塚治虫さん。没後30年たった今もなお、「漫画の神様」と呼ばれている巨匠の作品はたくさんの人に読み続けられている。

手塚作品を若い世代にも伝えたい、との思いからまとめられた本書。数多くの人気漫画の中から厳選した、悲しくも面白い、趣の異なる6つのストーリーを紹介している。

医師の資格を持っていた手塚は、第2話「べんけいと牛若」では「思春期をこわがるな」というメッセージを、第3話「八角形の館」では「人生には漫画家か医者のどちらを選ぶか?というような大きな決断をしなくてはならないときが来る」ことを伝える。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。